寝具のオーダーメイドに役立つ情報綿敷ふとんは快適な寝心地が魅力~腰痛持ちになってしまう原因とは?~

なかなか腰痛が治らないという方はいらっしゃいませんか?もしかしたらその腰痛の原因は、敷ふとんが合っていないことが関係しているのかもしれません。体に負担がかかりにくい綿敷ふとんを選び、腰痛対策を行っていきましょう。こちらでは、腰痛持ちの方向けに敷ふとんの選び方について紹介しています。

腰痛持ちの原因は敷ふとんが体に合っていないからかも?~綿敷ふとんがおすすめ~

ベージュの綿敷ふとん

腰痛が起こってしまう原因のひとつに、敷ふとんが体に合わないということがあります。背骨はS字にカーブしているのですが、合わない寝具を使うことでこのカーブが崩れ、背骨に負担がかかってしまいます。

すると周りにある筋肉にもダメージを及ぼすため、腰に痛みを感じるようになります。敷ふとんは柔らかすぎれば寝返りがしづらくなり、硬すぎれば負担が一転に集中してしまいます。

体に負担のかからない寝姿勢を保つためには、自分に合った敷ふとんを選ぶ必要があります。

最近、紐のついているふとんはありませんか?という問い合わせがあります。おばあちゃんのところで寝た、紐のついているふとんがよかったのでと言われます。紐で綴じているふとんが、綿敷ふとんです。

腰痛持ちの方へ!自分に合った綿敷ふとんの選び方

ベージュの綿敷ふとんとベッドパッド

自分に合った綿敷ふとんを選び腰痛対策を行うためには、寝姿勢のバランスに注目する必要があります。

私たちは寝ている時、体重が頭部に8%、胸部に33%、腰・臀部に44%、脚部に15%分散されています。このバランスが少しでもズレ、一箇所に余分に体重がかかることで体の痛みが生じます。つまり、理想のふとんとは、バランスよく体圧分散ができるふとんだということです。

体重によってバランスのとり方が違うため、サイズや綿の量が選べる敷ふとんが望ましいでしょう。腰を支える硬さのもめんわたを体圧分散できるように1枚1枚丁寧に入れる手づくりの寝心地を感じてほしいです。できれば体質や気分、使い心地によって様々なタイプから選べると安心です。

腰痛持ちの方に快適な寝心地を提供する中林寝装店の綿敷ふとん

中林寝装店で販売している綿敷ふとんは、自然の植物繊維の綿がゆったりと体を支えます。お客様の使い方に合った敷ふとんの提案が可能で、オーダーメイドであなただけの寝具をご提供いたします。

そのため体にかかる負担を最小限にまで抑え、快適な寝心地を叶えることが可能です。状態が悪くなった敷ふとんを使い続けると、体にとって負担となるおそれがあります。

敷ふとんと「へたり」は切り離せない関係にあります。長年使用していると次第にへたってきます。寝心地が悪くなり正しい寝姿勢も保てません。敷ふとんの寿命です。しかし、綿敷ふとんは再利用ができます。打ち直し仕立て替えが可能です。

寝具を常に新しい状態に保つことは、腰痛対策になるのです。昔ながらの伝統技術と心を込めた手作業で丁寧に作り上げますので、ぜひお問い合わせください。

寝具の使い心地イメージ

快適な眠りを手に入れるために自分に合った綿敷ふとんを

キャメル敷ふとんとベッドパッド

敷ふとんに求められるのは、「保温性・吸湿性・放湿性」と「正しい寝姿勢の保持」と「体圧分散できる」ことです。こちらでは、腰痛持ちの方向けに敷ふとんと腰痛の関係や、敷ふとんの選び方について紹介していきました。自分の体に合っていない敷ふとんを選択すると、長時間腰や肩などが圧迫され続けることになります。対策を行うためには体の構造と腰痛の原因を知り、自分に合った綿敷ふとんを選ぶことが大切です。ほかにも、腰痛持ちの方にはキャメル敷ふとんやエアミール敷マットもおすすめです。

綿敷ふとんをお探しなら中林寝装店をご利用ください

店名 中林寝装店
住所 〒584-0033 大阪府富田林市富田林町7−20
電話番号 0721-24-2224
営業時間 10:00〜18:00(月曜定休)
メールアドレス info@ofuton.com
URL https://www.ofuton.com/