寝具のオーダーメイドに役立つ情報綿敷ふとん・ベッドパッドなら中林寝装店~ベッドパッドは使いやすい!~

ベッドパッドを使うことで、いつものベッドをより快適なものにすることができます。また、寝具はきちんとお手入れすればより長持ちするため、正しいお手入れ方法を知っておきましょう。こちらでは、ベッドパッドの役割やふとんのお手入れ法について紹介します。

綿敷ふとん・ベッドパッドを販売する中林寝装店~ベッドパッドの役割とは~

ピンクの綿敷ふとん

マットレスの上に敷いて使用するベッドパッドには、様々な役割があります。

寝心地をよくする

マットレスで寝ていると、コイルが体に当たる感覚が気になることがあります。ベッドパッドはふわふわの弾力によってコイルが体に当たる違和感を軽減するほか、保温と背中の汗を吸湿し、体の支持性が寝心地のいい状態を保つことができるのです。

マットレスを清潔に保つ

マットレスは厚くサイズも大きく、簡単に洗濯はできません。ベッドパッドを使えば、下に汚れが届きづらくなるためマットレスを汚す心配はないでしょう。ベッドパッドは取り外しが簡単で使いやすいためすぐに洗濯ができ、いつでも気軽に清潔な状態に保つことができます。

マットレスを長持ちさせる

ベッドパッドが上にあることでマットレスにダメージが蓄積されづらくなるため、マットレスを長持ちさせることができます。

綿敷ふとん・ベッドパッドのお手入れポイント

ピンクの綿敷ふとんとベッドパッド

綿敷ふとんやベッドパッドは、普段からお手入れを行うことで長持ちさせることができます。

カバーやシーツを使う

ふとんにはカバーやシーツを使い、汚れや傷みを防ぐようにしましょう。カバーとシーツは頻繁に洗濯を行い、清潔な状態に保つことが大切です。

ふとんの上げ下ろしは毎日行う

ふとんはそのまま敷きっぱなしにせず、毎日上げ下ろしを行うことが大切です。そうしないとふとんに湿気がたまりやすくなり、特にフローリングの上に敷いているとカビ発生の原因となります。特に湿気の多い時期はカビのリスクが高まります。敷ふとんの下にすのこや除湿シートを敷くのもよいでしょう。

天気のいい日にふとんを干す

天気のいい日を選び、ふとんを干すようにしましょう。天気の悪い日に行うと、かえってふとんに湿気がたまってしまいます。湿気の少ない時間帯である午前10時~午後3時頃を選び、あまり長時間干しすぎないようにしてください。ほこりや花粉といった汚れがつくおそれがあります。

摩耗が目立つ前に早めに打ち直し

ふとんの摩耗を放置しておくと、より悪化してしまうおそれがあります。綿ふとん・綿敷ふとんの場合は、日干ししてふっくらしなくなったら早めに打ち直しを行いましょう。

ベッドパッドをお探しなら中林寝装店へ~綿敷ふとんも販売~

ベッドパッドはただ寝心地をよくするだけではなく、マットレスを長持ちさせてくれる大切な寝具です。季節に合わせて様々なタイプに付け替えることができるため、その時の状況に合った快適さを追求することができます。ベッドパッドをお探しの方は、中林寝装店をご利用ください。もめんわた入りのベッドパッドを販売しています。キルティング綴じをしているため水洗のクリーニングも可能で、いつでも清潔に保つことができます。また、綿敷ふとんや掛ふとん、ベビー布団、座布団やクッション、こたつ布団なども扱っており、昔ながらの製法で熟練のふとん職人が1枚1枚丁寧にお作りしていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

綿敷ふとんやベッドパッドをお探しなら中林寝装店をご利用ください

店名 中林寝装店
住所 〒584-0033 大阪府富田林市富田林町7−20
電話番号 0721-24-2224
営業時間 10:00〜18:00(月曜定休)
メールアドレス info@ofuton.com
URL https://www.ofuton.com/