寝具のオーダーメイドに役立つ情報掛けふとん・敷きふとんの仕立て直しは【中林寝装店】へ!~ふとんの歴史について~

意外に知らないふとんの歴史~敷きふとんや掛けふとんはいつ登場したのか?~

意外に知らないふとんの歴史~敷きふとんや掛けふとんはいつ登場したのか?~

縄文時代・弥生時代

「竪穴式住居」と呼ばれる住居で生活していた時代、人々は「むしろ」や「丸太」の上で就寝していたと推測されています。「むしろ」は現在の敷きふとんにあたるもので、「藁」「かや」「稲」「がま」で編んだ敷物のようなものです。「丸太」や「むしろ」を活用することで、雨や虫などの被害を防いでいたと考えられています。

奈良時代・平安時代

身分が高い人々は、ベッドのように高さのある台に敷物を乗せて使用していたそうです。

平安時代には畳の需要が少しずつ広まり、「御床畳」や「八重畳」などが使われるようになります。農民はまだベッドや畳を利用してはおらず、藁を被って眠っていたと考えられています。

鎌倉時代・室町時代

身分の高い方たちは室内に畳を敷き詰めその上で眠るようになりました。しかし、まだ掛けふとんはなく、日中着用していたものを被っていたとされます。畳文化から少しずつ木綿を使ったふとんの需要が広まった時代でもあり、室町末期にあたる戦国時代には木綿の栽培が全国で盛んに行われるようになります。

江戸時代・明治時代

江戸時代に木綿の栽培が普及したことで、掛けふとんに近い用途を持った「夜着(よぎ)」が誕生します。「夜着」は着物の形をしており、中には綿が使用されていました。庶民の間では和紙でできた紙ふとんが用いられていましたが、時代の流れに応じてふとんが使われるようになります。

さらに明治時代に入ると、それまでは各家庭で仕立てていたふとんを専門に扱う「ふとん屋」が登場し、「綿屋」と共にふとんを広く普及させていったのです。

ふとんの仕立て直しは【中林寝装店】にお任せを!

ふとんの仕立て直しは【中林寝装店】にお任せを!

ふとんの仕立て直しをご検討の際は【中林寝装店】までご相談ください。敷きふとん・掛けふとんは、毎日使用するものだからこそ定期的にクリーニングや仕立て直しを実施し、良い状態を維持したいものです。

【中林寝装店】では、ふとん職人が昔ながらの製法でふとんを手作りしております。世界にたったひとつの寝具を手に入れたいなどのご要望にお応えしてまいります。

ふとんの仕立てのことなら【中林寝装店】へ

店名 中林寝装店
住所 〒584-0033 大阪府富田林市富田林町7−20
電話番号 0721-24-2224
営業時間 10:00〜18:00(月曜定休)
メールアドレス info@ofuton.com
URL https://www.ofuton.com/