お雛様、寺内町に飾って下さい・・・

立派な明治時代のお雛様を頂きました。

御殿雛です。

日本建築のミニチュア版を大人3人が写真を見ながらパズルのように組合わせていく。

う~ん!? 組み立ての順番を間違えると納まりきらない・・・。

脳が活性化しました(笑)。

初めての組み立てに半日がかり。

明治雛 モノクロ  明治の雛①
こんな立派なお雛様

多くの方に見て頂けると人形も喜びますと言って下さいました。

確かに組み立てながら、私らも多くの方に見て頂きたいからこそ

大変ですけれど、使命感とともに喜びと楽しさがエネルギーに変わります。

店主はもちろんのこと地域住民の皆様のご協力があって

ちっちゃなお子様までが雛めぐりに協力して下さっているイベントです。

 

富田林じないまちの雛めぐりはメイン3月11日・12日ですが

ゆっくりと歴史的な町並みとお雛さんをみたい・・・とのご要望にお応えして

3月20日まで飾っております。

どうぞ、じないまちのお雛様に会いに来てくださいませ。

このお雛様は田中家住宅に飾っております。

春の訪れとともに 気持ちあたたかくなる雛めぐりです。

 

お昼寝 敷きふとんを作ってみませんか?

春はそこまで来ていますね・・・。

新生活に向けて色々と揃えなきゃ・・・と

新たな成長の楽しみを味わうこの時期に

当店では入園グッズのお昼寝ふとん(敷ふとん85×130㎝めん綿入り)の

ワークショップを開催致します。

 

日時: 3月4日(土曜日)午後 13:00~16:00

場所: 中林寝装店 2F 仕立場

参加費 6.800円 材料込

参加人数:3~5人

仕立てる場所は暖房しておりません。
綿がつきにくく動きやすい暖かい服装でご参加ください。
敷ふとんはその日にお持ち帰り頂けます。


 

お孫ちゃん誕生を控え、おばあちゃんがお孫ちゃんに作ってあげるのもいいですね。

サイズ85×130㎝ 生地・中綿 綿100%

量販店で販売している中綿ポリエステル素材はへたりも早く吸湿力は悪い

新陳代謝のさかんなお子様には吸湿力のある自然素材のもめん綿を使わせてあげてほしい・・・。

もめん綿って・・・?と知らない方にとってもこの機会に

お昼寝敷ふとんのワークショップに参加してみませんか?

敷ふとんの柄は下記の写真からお選び頂きます。

参加ご希望の方はhttp://www.ofuton.com/contact/index.html

子供のふとん

ためし寝体験 ダウンケットの巻

ダウンケット

毛布を買い替えようと思うのだけど…とご相談にご来店。

掛布団はもめん布団をご使用になられているとのこと。

年齢はシニア世代、ご夫婦二人で寝ている。

当店では基本的にふんわりパフ感覚のミンクタッチのアクリルやポリエステル毛布はお勧めしていないので

その理由をご説明する。

①ホコリがする(アレルギー体質や皮膚の弱い人はよくない)

②重ねるふとんによっては滑りやすい(ベットならずり落ちやすい)

③体温で温まった寝床内ですが吸湿性に劣るのでの蒸れた身体は冷えて寒く感じる。 などなど

年齢的にもめんの布団から羽毛ふとんにお勧めするのも案ですが

冬用の羽毛ふとんはカサ高くて毎日押入れに収納しにくいとのお声もあり

当店ではオールシーズン使う機会が多いダウンケットをこの時期は毛布代わりとしてお勧めしております。

冬は肌着のようなニット素材やガーゼのカバーをすれば肌添いがよく、フィット感があるため保温性があります。

夏は綿素材のカバーで薄く糊付けしたりするとサラッとして真夏以外は季節の調整ふとんとして

コンパクトで収納しやすく取扱いがラクです!

 

ダウンケットは薄いので質のよい羽毛 ダウンボール(タンポポの綿毛のふわふわしたもの)が大きいものが

満足感は高いですね。

毎日使う寝具、オールシーズン使えて ストレスがかからず 質の良い眠りをお約束できる・・・

ということでためし寝体験して頂きました。

心地良さに大満足のお声を頂きました。

お客様の眠りのライフスタイルを見直すきっかけになればと

心地よい眠りの寝具の組合せのご提案サービスしております。

 

メールでのお問合せ

〒584-0033
大阪府富田林市富田林町7-20

中林寝装店アクセスマップ

おふとん豆知識

おふとんブログ

じない町ブログ

大阪府富田林市のふとん屋さん|中林寝装店

〒584-0033 大阪府富田林市富田林町7-20

TEL:0721-24-2224 FAX:0721-24-2223