被写体をどう引き出すか・・・ですね。

カメラマンは被写体をどう引き出すか・・・・ですよね

 

今日、来店下さった堺市からのお客様。

ホームページをみてお越し下さいました。

なぜ、当店を選んで下さったのか・・・・?お尋ねすると

トップページの私らの写真が 人のよさそうな感じがしたから・・・とのこと。

おせいじでも、そう、言って下さるのってうれしいですよね。

 

写真の撮り方 上手だったんでしょうね。

 

この写真はTontan 商業連合会加盟店の雑誌に掲載された写真を

無理なお願いをして使わせてもらったんです。

この雑誌を作ったのは 南大阪を楽しむ本 「らくうぇる南河内 」発行されている 有限会社 ステラ さん

お客様に感動を与えた写真をとって頂き 感謝しています。

 

今、あちらこちらの書店に並んでいる らくうぇる南河内 VOL 9号 を

改めて隅々まで読んでいるところです。私も、知らんとこいっぱいです!

あちらこちら行ってみたくなる・・・。逢ってみたくなる ・・・。そんな素敵な雑誌です!

ぜひ、「 南河内を楽しむ本 」を片手に 南河内 散策しましょ!

 

らくうえる が取材したお店は 間違いなく ええ店ばかりだと思います。

 

 

 

 

 

 

夏の敷布団はエアミールとサニーセーフ(パシーマ敷きパット)

昨日、敷布団を買い替えたいのですが・・・・とご相談の電話あり。

色々とご説明していく中ですでにホームページを見て下さっていたので

こちらもしゃべりやすく、お客様の理解度もはやく

ご主人さまの敷布団ということで

今回はエアミールサニーセーフ(パシーマ敷きパット)をお買い求めて下さいました。

 

主人が今までイビキをかいて寝苦しそうに寝ていたのが

スース―寝息をたてて横で眠っているご主人寝姿をみて

私の分もほしいです!と

次の日にご夫婦ご来店下さいました。

 

敷布団を替えたことによって、今までご使用になられた枕は

エアミールの適度な硬さがちょうどよい枕の高さになって

イビキが軽減されたのかもしれませんね。

それに付け加え、背中のジトッーとした湿気もなかったのが熟眠できたのでしょう。

 

朝、目覚めたときの爽快感は熟眠できた証拠。

そんな朝は、一日の始まりが楽しくなります。

 

 

 

 

 

夏は麻

夏になると、麻のちぢみの素材が日本の蒸暑い夏を涼しくしてくれます。

久々に夏の座布団カバーのご注文を頂きました。

近江の麻ちぢみはべたつきの感触、1本1本に特殊な加工を施しシャリ感のある生地です。

肌にに触れる面積が少なく 通気性が増し ひんやり感を持つ麻は高温多湿の日本の夏にぴったり

人と地球にやさしい天然素材にこだわり、伝統技法を受け継ぐ熟練の職人がひと手間ひと手間入念に織る

 

夏は やっぱり天然素材の「麻」

座布団はべとつきませんよ。

敷布団の上にも麻のパット ぎっしり麻わたが詰まった 「褥」

頭寒足熱  頭に汗をかく方にもおすすめ  麻綿の入った 頭ひんやりシート(当店オリジナル)

 

今年の夏はクーラーを控え、健康的な睡眠は 麻の商品の組み合わせが熟眠を助けます。

 

 

 

 

店のFacebook つくりました。

Social Networking Site (ソーシャルネットワーキングサイト)

人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型のWebサイト

知人や友人関係のコミニュケーションを円滑に行うための場

趣味や嗜好、居住地域 、出身校、あるいは「友人の友人」といった

つながりを通じて新たな人間関係ができる・・・・今の時代。

 

取組まなきゃいかん!と トライしてみたものの

色々な問題が生じることもあることを知ると

イマイチ情報不足だったので躊躇していましたが

やっと、やっと私の能力と気力がついてきました。

 

店のフェイスブックを立ち上げました。

こちらサイトもよろしくお願いします。

 

アナログも同様に「脳に刺激! 喝!」で取り組みますよ・・・・。

 

 

意味のあるおしゃべり・・・

今日は店は定休日、副業の仕事もお休み、旦那は釣り。

久々にひとりの時間があったのでこの時に集中して

滞っている情報誌を作成しようと思っていたら・・・・。

 

定休日と知らずにお越しになったお客様。

店は閉まっているけれど、奥さんの声が聞こえるからと(電話中だった)

事務所の窓から「奥さん いてるの・・・?」

 

そのお客様とのお付き合いは長く、

今日はご主人様のお布団を買い求めになりました。

長くお付き合いさせて頂いているお客様ですが

息子さんやご自身のおふとんは購入されてもご主人様のおふとんは

当店でお買い求めになるのは初めてでした。

ご主人様を気にかけている、そのことがうれしくて・・・

色々と話しがはずみ、昼食の時間も忘れるほど、あっという間のひととき。

 

午後からは地域の人がお見えになり

また、色々とお話しさせて頂き、その方との距離が近くなって・・・。

 

お二人とも、話せて良かった・・・と

昼間 不在の時も多いのでお二人にとっていいタイミングでした。

私も、予定がくるったけれど、ちょっぴりお役に立ったのかと思うと

その喜びのほうがうれしいですね。

 

楽しみにされている方

情報誌「ほほえみ通信」 もうしばらくお待ちくださいね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

紫陽花がとりもつ縁

寺内町は町並みをスケッチされる方や写真同好会の方々が良く来られます。

今日もキャノンのカメラを持って寺内町に来られたグループがありました。



撮ってはレンズをのぞきながら顔の表情が緩む・・・・。

皆様の会話も楽しく、色々とお話しを聞かせて頂きながら

第二の人生を楽しまれている様子が窺える・・・・・。

 

あじさいの花を通じて会話が拡がり

感性豊かな味わいのことばに この方々から学ぶこと多し。

 

今日も素敵な出逢いがあった一日。

この素敵な歴史的町並みがこのような方がたとめぐり合わせて下さるようです・・・。

老いることもにも希望があります。

 

 

 

もめんのふとん どないしたらええんかしら・・・?

綿のふとんいっぱいあるのでどないしたらええんか・・・?と

フリーダイヤルでご相談を受けることも多々あります。

重たいふとん、いらんからねぇ~

安い布団、いくらでもあるもんねぇ~

捨てるのはもったいないしねぇ~   など等・・・・・・。

押し入れに陣取っている古いふとんに悩んでおられます。

 

どのような綿のふとんをお持ちであるかによってご提案は多種多様です。

その方にあったライフスタイルにあわせてアドバイスさせてもらっています。

 

先日も、繊維の細い柔らかい綿のふとんをお持ちでしたので

肌ふとんとして蘇りました。 150×210㎝サイズの1.2㎏入り  約 税込10,000円 ↓

今まで、量販店でポリエステルの混じった軽い布団をご使用になっておられたのでしょうか・・・・?

全然、違うわ・・・。肌にしっとりとなじみ、さらっとしている。何とも言えん、ええ気持ちやわ・・・と

うれしいお言葉を頂きました。

 

このお布団、オールシーズン使えます。

めん綿ですので吸湿力抜群ですので、こまめな日干しはおこたらないように・・・・。と

さらに念押しのことばかけ させて頂きました。

 

安い布団は快適に眠れるか…? 熟眠できるか・・・?

寝れたらええねん・・・!から

感触のよい、優しい素材で 熟眠できるふとんへと

健康のためのふとん ご提案いたします。

 

もちろん、この綿、ええふとんに蘇りません・・・!。お金かけるだけもったいない。

長い間有難う!と 処分しなはれとハッキリ 言わせて頂きます。

ぜひ、お気軽にご相談してくださいませ。まずはお電話で0120-242ー207

 

マイペースの87歳の母

おかあさん!どないしたん!

いつもの顔と表情がちがうよ?の声掛けに

「入れ歯あれへんねん・・・・・!」

上の義歯をはずしているからいっぺんに顔の表情がかわっていたのである。

 

介護施設でもティッシュに包んでしまって

わからなくなって、必死にスタッフが探すことが多にしてあります。

87歳の母も同じように包んでいて、ゴミと間違えてほかしたのか

あるいは、どこかにしまい忘れたのかかわからない という。

今年、新しく作成したばかりらしく、保険もきかないので自費となるらしく

歯科に行ったら よく探しなさいと言われたとのこと。

 

一緒に探してあげようか・・・?というと

「自分で探すからええわ!」と言いながら

当初は探していたようですが・・・今だみつからず・・・。

お粥 生活をしている。

そのお粥も自分でつくりはるのはいいのだけれど

吹きこぼれさせて、コンロはいたむは お粥ではなく 糊のようなお粥になっているは・・・

母なりに片付けはしているものの、焦げた臭いは残っている。

仕事から帰ると ビックリする台所です!!

 

火を扱うときはその場から離れたらあかん!というても 直に忘れるのやろか・・・?

娘に頼る姿勢をみせないところはこの年にしては立派だけれど

ええかげん 自分の行い認めや!!と言いたくなるが

今日も 我 関せず マイペース、好きなようにしている87歳の母である。

 

自分はどんな年よりタイプになるんやろか・・・?

介護施設の入居者様や 我 母をみながら

私が想う 理想の年寄りとは・・・・・。

 

 

 

 

紫陽花色づいてきたよ!

  今日は午前中、雨が降りましたが、寺内町はお湿り程度でした。

14日の紫陽花めぐりにあわせて

紫陽花も色付きはじめております。

七変化を楽しみに寺内町歩きにぶらっとお越しくださいね 



 

夏掛けふとんおススメ!

  急に暑くなったと思えば

梅雨に入ったとたん チョッとしのぎやすい気温となっています。

こんな時の気温の変化に対応してくれるのが

夏掛けふとん もめん綿入りの肌ふとんです。

当店のオリジナル企画サイズ 150×210㎝ 1.0㎏入り

冬のふとんと同様のサイズにしておりますので新たにカバーを替えなくてもいいようにしております。

うすっ~く均等に綿を入れていますが、綿が切れないようにキルティングミシン綴じをしています。

この肌ふとんの肌触りの感触と体に適度なフィット感がここち良いんですよ!

クーラーが苦手な人も クーラーかけておやすみになる方にも

最適な掛けふとんです。

 

今回、シビラのデザイン(ロンボス)で作りました。

いつも和風柄や無地で作ることが多いのですが

この柄 お客様に好評です。

当店のイチオシの肌ふとん シングルサイズ 12960円(税込)です。

 

去年、お買い求め下さったお客様から

「このもめんの肌ふとん おかあさんにとられそう・・・・」とお母さんに差し上げて

ご自身の肌ふとんはグレードアップして下さって

通気性のある生地で作ったハンガリー産のガチョウの肌ふとん(ダウンケット)を

お買い求めくださいました。

この時期のダウンケットは生地に樹脂(コーティング)がかかっていない商品が蒸れなくて最高ですね。

 

 

 

 

 

メールでのお問合せ

〒584-0033
大阪府富田林市富田林町7-20

中林寝装店アクセスマップ

おふとん豆知識

おふとんブログ

じない町ブログ

大阪府富田林市のふとん屋さん|中林寝装店

〒584-0033 大阪府富田林市富田林町7-20

TEL:0721-24-2224 FAX:0721-24-2223