やっと入稿したよ!

数年前よりお客様とのコミニュケーションツールとして

情報誌を作成しております。

当初は 年4回 四季折々に発信と意欲的に取り組んだものの

伝えたいほどの情報(ネタ)もなく 編集能力もないため

続けていく毎に継続する大変さを感じながら

日頃の忙しさを理由に4回が3回となり しまいには年1回しが発信できない状態もありました。

 

あまりにもひどい校正だったのでしょうね。

続けていくことで、学生時代の現国の先生からこの文章はおかしい・・・

あるいは編集関係のお客様から訂正箇所をFAXしてくださったりと

気にかけて下さる方のおかげで何とか継続しています。

今回で39号となります。

 

少しは読みたくなるような情報誌になったのか

楽しみにしてくださるお客様もあり、意欲に繋がっています。

継続は力なり・・・

 

この情報誌も私にとっては商品の一つになっています。

あとは、タイミングよくお客様に発送お届けしたいですね。

もう、しばらくお待ちくださいませね。

 

 

先輩に感謝!

親を引き取って面倒をみるということは

そんなことも全部受け入れる覚悟、あたりまえやん!!と

 

さすが、ご自身の親を介護されている先輩の言葉は重みがありましたねぇ~

 

実母と暮らすようになって1年と数カ月経ちました。

学生時代から離れて生活していたため、

実母はどんな人やったんやろ・・・?と思うぐらい

考えやすることが理解できないときもあるけれど

元気で自分のことをしてくれているだけでも喜ばなあかん と

あらためて思いました・・・。

 

 

ふらっと、寺内町散策のついでに立ち寄ってくれた先輩。

兄と同級生でもあり、私のNs時代の先輩。

 

介護の職場で人間関係で悩んでいるというと

あんたが?? ウソぉ~! と吃驚しはったけれど

 

色々と乗り越えて実践したはる先輩の色々な言葉に学ぶこと多し!

 

愚痴を聴いてもらって有難うございました。

そして平蔵さんのコヒーゼリーごちそう様でした。

 

 

 

 

 

五六市会場 見学

富田林・まちなかアートクラフトマーケット (10月26日・27日開催)

実行委員(本町通り商店会・中央商店会)のメンバーが行ってきはった。

毎月第2日曜日 枚方に五六市というイベント

今日は生憎の雨で中止でしたが、参考のために町並みを見学してきはりました。

 

クラフトマーケット出展者募集の協力のお願いとともに

五六市の実行委員の方や個々店主様と触れ合ってきたそうです。

行きはったメンバーは「よかったですよ!!」「楽しかったでしたよ~」と

この感動をかたちに現わせていけるよう

少しずつ商店主の意識が高まり、

アートクラフト出展者様と盛り上がるイベントになっていくことを願う。

 

呼人堂さん 塩熊商店さん 色々なお話有難うございました。

 

 

今度は私も、枚方宿くらわんか 五六市 に行こう!・・・と。

 

 

 

 

 

綿の打ち直し仕立替

厳しかった夏の暑さから解放されましたね。

やっと、押入れの整理や冬の布団の準備をされるかたがチラホラ。

打ち直し仕立替えの問い合わせが増えました。

注文すれば何日ぐらいかかりますか?の問い合わせです。

 

通常なら10日から2週間ぐらいですが

 

今年の秋は主人も私も寺内町で行われるイベントの準備等で

通常の仕事がストップしてしまうことが予測されます。

出来れば、打ち直し仕立替えの予定を考えていらっしゃるお客様、

仕上がりが遅くならないように、ご迷惑をおかけしないようにさせて頂きますが

 

出来れば、はやめ、はやめのご注文いただければうれしいですね。

勝手なこと言って申し訳ありません。

 

寺内町の秋・・・

寺内町はやさしい風が吹いている・・・と(原田年晴様談)

そんなまちで行われる この秋のイベントをご紹介致しますね

 

寺内町四季物語 秋 「後の雛まつり」



今回、チラシの裏面に記載していますが

寺内町で明治から昭和30年代頃まで多く行われていた、自宅での婚礼を旧田中家住宅で再現します。

この日、午後4時頃から花嫁行列を近隣の住民が祝い、婚礼会場の田中家では花嫁をお迎えする

「日本の礼」をこの美しい町並みで再現致します。

「旧田中家住宅で日本の礼」に出会ってみませんか? (見学無料)

 

 

そのほか 商店会(本町通り商店街・中央通り商店街)を中心とする

寺内町およびその周辺で繰り広げるイベントです。

 

富田林・まちなかアートクラフトマーケット

現在出展者さん募集中です。(締切9月30日)決定通知は10月初旬から中旬予定)

 

楽食 楽まち じないまち

ロングランで楽しめる 農と食。体験まち歩き

 

地元を愛する人で行われている

じないまち散歩は毎月第二土曜日にしております。

あっ! 忘れておりました。

じないまち散歩のメンバー店がこんなイベントも致します。

 

素敵な笑顔と出会ってくださいな・・・・。

 

あっ!そうそう

今年も社会実験として

近鉄富田林駅⇔南海金剛駅  直行バスが運行されます。

ぜひ、ご利用くださいませ。

 

今回のそれぞれのイベントに旦那も私も関わっていますので

 

この秋 緊張感とともにワクワクしています。

 

秋風とともにやさしい風が吹く寺内町

ぶらっと散策しに来てくださいね。

 

 

 

送ってきて下さったCD

先日、ラジオ大阪のほんまもん原田年晴の番組に出るとブログに書きましたが

放送日、午前中まで覚えてたんですが・・・   あの時、忘れてしまっていたんです。

聞き逃していたんです。楽しみにしていたのに・・・ショックでした。

あの時、「兄ちゃん、今、ラジオに出てるで!!」とお客様からの電話で思い出し

慌ててスイッチ入れたら寺内町の紹介も終りのほうで、

結局どんな風に放送されたのか知らないままだったんです。

 

ところが昨日、ラジオ大阪 「ほんまもん 原田年晴」

原田年晴様から取材協力のお礼と放送された同録のCDが送られてきたんです。

改めてふとんの良さを教えて頂き感激しました・・・・・。と

うれしかったですね。

旦那がどのようにしゃべったのか気になっていたけれど

原田様の気さくなお人柄に導かれて、いい感じでした。

 

寺内町はやさしい風が吹いている町と表現してくださっていました。

 

 

この日のために提灯作りました。

今年の寺内町燈路(10回目)も天候が不順で

GOサインをだす四季物語実行委員会の委員長は落ち着かない様子。

 

13時には寺内町燈路決行となりました。

 

天を見上げることなく、雨が降らないこと。風が強まらないことを願って

夏の最後の風物詩 寺内町燈路に来訪される方への準備。

今回、雰囲気を高めるために提灯を誂えました。

 店からの漏れる灯りと

先日行われた 寺内町 七夕バルで

書いていただいた絵を観光協会の行燈に貼り直して

城之門筋とはちょっと雰囲気の違う商店筋の燈路です。

 

中林寝装店の提灯 初披露です。

 

店の横のガレージでは曖昧な天候にもかかわらず、来訪者の流れが続き

富田林 今昔 まちかどスライド 上映会に

蓄音機から流れる昔の懐かしい曲に足を留め

富田林の歴史に耳を傾けて下さる方も多かったでした。

 

 

あと残りわずかというときに雨が降り始めましたが、

今年も大きな事故もなく終えることが出来て

実行委員メンバーはじめそれぞれの関係者はホッとしたことでしょう・・・。

来訪してくださった皆様、

寺内町ファンの泉北からいつも自転車でお越しのKさん。

いつもそっと、私らの活動を見守ってくださって有難うございます。

 

メールでのお問合せ

〒584-0033
大阪府富田林市富田林町7-20

中林寝装店アクセスマップ

おふとん豆知識

おふとんブログ

じない町ブログ

大阪府富田林市のふとん屋さん|中林寝装店

〒584-0033 大阪府富田林市富田林町7-20

TEL:0721-24-2224 FAX:0721-24-2223