こたつふとん

急に朝晩、冷え込んできましたね。

こたつふとんの問い合わせも多くなりました。

 

一般に売られているこたつ布団の中綿はポリエステルわたです。

軽くて当初はふんわり嵩があるのですが、熱によってポリエステル綿が収縮し

薄くなって、生地と中綿がはだはだになって直にぺったんこになってしまいます。

こうなると保温力もなくなってしまいます。

当店では中綿を保温力のあるもめん綿をいれております。

また、インテリア感覚でお部屋を華やかになるように

表の柄にもこだわって作らせて頂いています。

今年の新作 ディスプレイしております。通られる方が足を止めて下さっています。

 

懐かしい柄やねぇ~        いゃーかわいいねぇ~     と声が聞こえます。

でも、こたつに入るとみんな動かんようになるから、しまったまま!ということばに

 

家族みんなが集まってくるこたつ団欒は家族の絆を深めますよ。

冬の暖房・・・

炬燵もいいもんですよ!と アピールしています。

こたつふとん色々

 

 

 

あちらこちらで楽しんで・・・

農と食。体験 そしてまち歩き・・・(10月20日~12月2日)

富田林の寺内町のあちらこちらでこの期間 楽しめる体験や催しがあります。

楽食 楽まち じないまち 当店もミニクッションのワークショップ致します。

11月4日(土曜日)13:30 約1時間30分 参加費1200円です

綿工場を見学して頂き、ちっちゃなクッションを作ります。

持運び便利 旅行のお供に(背中に当てるだけで腰がラク)

オフィスでもお昼寝タイムのまくらとして如何かしら・・・

 

こんな感じで、楽しくワイワイと作って頂きます。

当店ではミニクッションづくりを体験して頂きますが

他にも迷ってしまうほど、あちらこちらで楽しめる催し いっぱいです!

日にちをしっかり確認しながら来てくださいね。

楽食 楽まち じないまち

 

 

 

 

 

居心地空間のお手伝い

素敵なお部屋でしょう!                 

 

この素敵なお宅のリビングに居心地の良い空間づくりの

お手伝いをさせて頂きました。

 

 

リビングの椅子

ソファーのクツション並びにカバーお揃いで作らせて頂きました。

ワンチャン 座り心地はどう? (富田林 寺池台I様)

神楽がやってきた!

秋祭りの時期になると 伊勢大神楽講社 が 神様からのお札を持ってきて下さいます。

太鼓と笛の音が聞こえてきました。寺内町に移転して初めて清めて頂きました。



 

亡父はかならず、獅子舞に頭を噛んでもらっていましたね。

無病息災を願って



 

旦那の頭を がぶっと・・・

 

 

 

 

母にもボケ防止のために・・・

ガバッと・・・・・。

 

 

 

 

 

 

秋祭り

晴天にに恵まれた秋祭り

元気のよい寺内町の子供達の声が聞こえてきました。

揃いのハッピを着ての地車曳き

後方に続くのは宮町の地車

大人も子供もひとつになって良き秋祭り神事を伝えていってほしいですね。

 

 

駐車場の横に聳える大きくなったザクロ。  今年はたくさん実りました。

 

 

こたつふとん(遠州もめんS10)

    急に朝夕、肌寒くなってきましね。

そろそろ暖房器具も必要になってきた季節となりました。

ご注文頂いているこたつふとんも急かされてきました。

遠州もめん もめん綿入り

正方形(190×190cm)3.0kg 23.000円(税込価格)

長方形(190×240cm) 3.8kg 33.000円(税込価格)

スマホに変えたよ!

スマートフォンに変えて1週間

使いこなせたら便利やね!と思いながら

おしゃれに人差し指を滑らかに動かしたい・・・。

 

説明書を何度も読み返しながらも??

インフォメーションセンターにコール

一つずつクリアしているところです!

 

大竹しのぶのCMのものと違うんねんよ!・・・と 言いいながら

今の時代に合わせれる範囲で、トライし続ける・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲間の支えに感謝!

いつも、寺内町における私達が活動するイベントに

当初から快く協力してくださる仲間がいました。

3月まで在籍しておりました富田林駅前商店会の花屋さんです。

以前の店が富田林駅前の前だったこともあって寺内町のイベント

じない市の垂れ幕を掲げて寺内町へ導くための設えを協力してくださいました。

本町どおりのアーケードの両サイドたくさんの花を提供してくださって

お忙しいのにそのたびに活けて下さり華やかにして頂いていました。

 

 

このたびも、「後の雛まつり」に菊を飾るのだったらと

たくさんの菊をイベントに使って!と提供して頂きました。

いつも花みずきさんには感謝しております!

 

秋の後の雛は「菊とお雛さん」を飾りますが 限定した場所にしか飾っておりません。

旧田中家住宅 じないまち交流館 興正寺別院 旧杉山家住宅 仲村家住宅 勝間家住宅 入船家

そして中林寝装店 です。

他にも自主的に飾って下さるところもありますよ!

 

今回は観光協会主催の大阪芸大生とのコラボです。

 

 

 

 

 

 

 

金剛地区と富田林地区が繋がる路線願う!

10月から南海金剛駅から近鉄富田林駅まで乗換えなしのバスが運行されています。

(約20分 運賃大人290円(小人150円)限定12月31日までの期間)

どれだけの利用者がおられるのか・・・ 社会実験です。

少しでも富田林寺内町の伝統的町並み地域に来訪して頂きたいですね。

この路線が定着すれば金剛地域の方はもちろんのこと

大阪方面の方にも便利になるでしょうね。

金剛地域の方にとっても富田林周辺の人にとっても乗換えなしであれば便利になりますよね。

実現することを願ってPRします。

 

 

秋風とともに寺内町へ(13日、14日)

 今週の土曜日 寺内町では「後の雛まつり」の催しが行われます。

この日は内裏雛と菊と一緒に飾ります。

毎年、菊づくり名人の富田林高辺台在住の松本様に協力をいただき

菊鉢が飾られます。

今回、菊鉢に挑戦してくれたわが家の花づくり名人。

この土曜日までに秋晴れ続きで開花してくれることを願っていますが・・・・。

この日はアートでつながる後の雛 ひいな時めぐり観光協会主催が行われます。

勝間家住宅では大阪芸大生の作品や伝統工芸品などの催しをされます。

残念ながら勝間家住宅は10月末で閉館されますので見納めにぜひ、お立寄り下さいませ。

 

 

メールでのお問合せ

〒584-0033
大阪府富田林市富田林町7-20

中林寝装店アクセスマップ

おふとん豆知識

おふとんブログ

じない町ブログ

大阪府富田林市のふとん屋さん|中林寝装店

〒584-0033 大阪府富田林市富田林町7-20

TEL:0721-24-2224 FAX:0721-24-2223