ふとんや仲間に支えられて・・・。

先日、スリープケア研究会の総会に参加してきました。

ポジティブなふとんやさんばかりなので、とても刺激になります。

私もこの会のメンバーの仲間に入らせてもらったおかげで

いい仲間と出逢えたおかげで今の店があるんだなぁと感謝しています。

 

今回、新しく店舗をかまえた店を見学させてほしいと

3軒のふとんやさんがお見えになりました。

当店の大黒柱 まめな職人の旦那のモノづくりのものをみて

関心してくれていましたが、これも数十年前にこの会で出逢った仲間

(枚方のはやしさん・水瀬のねむり工房さん・丹波橋のリトムさん)のおかげです。

 

わた入れをする職人さん 綿をつくる製綿屋さんが減少していく中

少しでも今のライフスタイルにあったふとんづくり 伝えられたらいいなぁ~と

うちの旦那、喜んで話をしていましたね。

旦那がつくるものづくりに関心を寄せて下さった勢いのあるふとんやさんと

巡り会えて、新たな感性を学びたいと思いましたね。

 

居心地がよかったのか、気づいたらお昼の時間過ぎておりまして

十分なおもてなしが出来ず申し訳なかったかな・・・。

 

いい出逢い うれしいですね。

これからもよろしく ね。

 

 

掛けふとんカバーにパシーマ

仕立替えのご注文いただいた時の会話

お客様:かけふとんのサイズはシングル(一人寝)サイズでお願いします。

店主 :150×200㎝ もしくは ロングサイズの150×210㎝ですか?

お客様:寝返りを打って横臥位になると 肩がすいたり 背中が寒いので

幅の広いふとんを作ってほしいのですが・・・

店主 :お客様にあわせてどんなサイズでも作らせて頂きますが

規格の布団カバーがないので今後カバーを購入する場合は別注対応ですよ

お客様:シングルのサイズより10㎝ぐらい広いのがほしいんだけど・・・と

 

こんなやり取りをしていた会話から

 

別誂え対応もできますが・・・こんな時こそパシーマのシーツが便利です。

①別誂対応だとカバーでも結構な価格になる

パシーマ160×260㎝をおすすめすると、少し価格はアップするけれど

スッポリとかぶせる手間が省け、襟元を返せる長さがあるため

一番よく汚れる襟元の汚れが防げますよ。

真夏はタオルケットとして

冬は毛布替わりとして オールシーズン使えるので便利です。

 

こんな会話をしながら お客様も素材がエコテックス商品やったら安心と

カバー掛ける煩わしさもなくパシーマ160×260cmにご満足でした。

 

 

6月 寺内町は紫陽花が似合う

 6月の第二土曜日は寺内町あちらこちらと

紫陽花が飾られます。

それぞれ手法をこらした紫陽花スポットが楽しみですよ。

イベントの時って晴天であってほしいと願いますが

唯一、この紫陽花めぐりは全く天候を気にしなくていいですね。

心配なのは・・・花の色付きや一角うえの満開気味の柏葉紫陽花

 

 

この日は9日は 各町会の皆様のご協力を頂き、

玄関先に飾って下さったり、

仲良し歩きグループの皆様が育てて下さった

紫陽花が仲村家の前に飾られる予定です。

 

 

家族ふえました。

家族が増えました。

55年間、住み慣れた関大前から引越ししてきた母は85歳。

引越し準備のお手伝いも十分手伝えず、引越し業者に依頼したら

旦那 いわく まるでおばあさんの嫁入り支度みたいやなぁ~・・・と

荷物の多いことに唖然としました。

捨てるに捨てられない荷物、整理したくても出来ない体調の日々もあったんでしょうね。

これから、ゆっくりと時間をかけながら思いを大切に断捨離したいと思います。

何年後かの自分と重ねながら・・・。

13歳から親元離れて、寮生活をしながら そのまま嫁いだので

一緒に生活するのは43年ぶりになります。

終の棲家として私の処を選んでくれて あ・り・が・と・う です。

旦那にも感謝です。

離れていたお互いの生活距離感を客観しながら

楽しみながら 学んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

幸せ運んできて下さった胡蝶蘭

お祝いごとの花として不動の人気の胡蝶蘭

寺内町に4月、新店舗をオープンしたときに頂いた胡蝶蘭

いまだに楽しませて頂いています。

今度は切り花にして グリーンの葉っぱとともに楽しんでいます。

胡蝶蘭の花言葉 「幸せがやってくる」 

ほんと、その花言葉どおり 皆様の温かい愛情が幸せを運んできてくださっています。

レトロ感覚のふとん

兼ねてから受け継がれている生地で現代風にアレンジして

商品を作ってみたいなぁと思っていました。

やっと 仕上がりました。

 遠州紬のふとんです。

今の時期にぴったり

上段が 合いふとん です。

下段が 敷きふとん です。

先日、NHKの番組の 昼ブラに

寺内町の職人さんたちを取り上げて頂き

もめんのおふとんを自社で作っているんだぁ~と懐かしんで頂きました。

 

羽毛や羊毛のふとんも良いけれど、やっぱり昔ながらのもめんのふとん いいよね・・・・って

もめん綿のファン 復活です!

 

ヒゲ 生えないように・・・

昨年の8月から介護付きの有料老人ホームにナースとしてパートで働かせてもらっています。

本業の布団屋と両立することができればと 本業をおろそかにしない副業として・・・・。

 

組織の中で働くということはとても勉強になりますね。

ブランクがありましたが、いい刺激を受けながら学ばせてもらっています。

 

報告 連絡 相談 と当たり前のことがおろそかになっていました。

 

いつごろからでしょうかね・・・。

ちっちゃな組織(家庭)において

日頃の私は、事後報告になっていることが多く反省しています。

 

 

昨日は店が定休日だったのでこの土曜日(26日)に引越ししてくる母を

迎える準備のために部屋を片付けていましたら、

結婚前に心構えみたいな手紙を書いたのを

主人がみつけてニヤニヤと笑いながら読んでいました。

初々しいころの心構え

こんな思い どこにいったん? と 笑いながら・・・

 

「うちの嫁はん ヒゲ はえてまんねん!」と言われないよう

改めて 今の自分を振り返っています。

 

 

 

 

 

 

ていねいに・・・

寺内町に引っ越してきて約1か月半、あっという間に 時が流れています。

あれもせなあかん!これもせなあかん!と思いながら思い通りにならず・・・

今までのお客様にもご迷惑をおかけしている状態です。ごめんなさいね。

 

まだ、新店舗になって情報誌「ほほえみ通信」が発行できないのです。

(新店舗になってパソコンもWindows 7  にバージョンアップ、ソフトもバージョンアップ

私の頭がバージョンアップできず 時間がかかっております)

 

すべてのお客様に伝えることが疎かになっており

もう、辞めはったんや!と思われてもしかたないかなと思っていましたが

 

有難いことに 電話で 「どこでしてはんの?」とか

「やっと 探して来たんよ!」と言って 来て下さるお客様が多く 感謝しております。

これも先日、全国放送 NHKの「ひるブラ」に生まれ変わる職人の町として

綿入れの様子が放送されたおかげです。

 

寺内町に引越ししてきて ご先祖様に見守られているな~って実感すること多しです。

 

車通りの多い駅前の便利な場所から 周りの雑音が少ない 静かな寺内町で

ていねいに お客様と向き合いながら眠りの大切さ伝えていきたいと・・・願いつつ

ひとつひとつクリアしながら前進していきます。

 

することいっぱい で心が忙しくならないように

この町並みが こころを ホットさせてくれています。

 

 

 

 

 

ちりめん細工展 始まる・・・

じないまちで福さんのちりめん細工教室が行われるようになって

地元の寺内町に住んでいる奥様達も通っている人  いるようです。

皆様の作品が明日から開催されるちりめん細工展

(5月3日から13日まで)に

あちらこちらで作品が展示されます。

当店にも飾らせ頂きました。



福さんはじめ

福さんの教室の仲間さんの一針一針の誠の花が咲きます。

ちりめんのやさしい感触が

バタバタと気忙しい日々の私の一日を

ちょっと 心落ち着けて・・・と

やさしくメッセージを投げかえてくれているようです。

 

 

ぜひ、ちりめん細工展 楽しんでくださいませ。

 

メールでのお問合せ

〒584-0033
大阪府富田林市富田林町7-20

中林寝装店アクセスマップ

おふとん豆知識

おふとんブログ

じない町ブログ

大阪府富田林市のふとん屋さん|中林寝装店

〒584-0033 大阪府富田林市富田林町7-20

TEL:0721-24-2224 FAX:0721-24-2223