年に1回の出逢いは・・・七夕の会?

先日、京都に研修会(睡眠改善インストラクター講習)に参加した帰りに

京都の元ふとんや仲間の友人と逢うことは恒例になりつつありますね。

 

十数年前、寝具専門店としての確かな知識をもつ仲間の集まり

アルファー会 (現在はスリープ研究会)で知り合った友達です。

ふとんやとして商品構成やふとんやとしての方向性を確かなものにしたくて

お互いの情報交換しながら学ばせてもらった仲間です。

 

今ではお互いの環境がかわり、寝具専門店の集まる会で

顔を合わせることはないけれど、意気盛んなあの時代に友となり

今、こうして寝具専門店として、商いの喜びを感じて継続できるのは

この仲間のおかげです。

 

近況を語り合いながら、お互いの生活が楽しくなるための

年に1回の出逢い・・・まるで七夕さんのようです。

 

それぞれの環境は変わったけれど、

親の介護の話や

趣味の布あそびのものづくり・・・

現役からちょっと横に寄ったことで感じる心のゆとりが

大変ながらも顔の表情が穏やかであったことはうれしいですね。

 

その友達たちは 私をみて ちょっと痩せた? と言った。

痩せてきれいになった?  それとも 疲れている?・・・・ どっちに見えたのかしら・・・

 

この年になると 美しく痩せるのは難しい・・・・・。 今の私は 後者にみえたのかも・・・ネ

 

 

 

 

火花、散らしたらあかん!

お客様から急かされている製品綿を作るために、

台風が通過する暴風警報が出ている日、

綿を出せるかどうか気になりながら工場を稼働させた瞬間

バシッ!☆火花が散った!!

 

あっ!びっくりしたーと  その瞬間の出来事を話してくれました。

 

話を聞きながら 亡き母のことばを想い出した・・・・。

「夫婦 お互い、火花 散らすような思いしたらあかんで!」 と 

結婚当初 言われた このことばです。

(昔、製綿工場は火災が多かったから)

 

火花が散ったところに綿がなかったこと。

台風の影響で降り続いていた雨が湿気を与えてくれていたこと。

何より、私ら夫婦が喧嘩していなかったこと・・・・などなど

大事に至らなくてよかった・・・・・とホッとしました。

 

原因は漏電です。

 

ここ最近、フル稼働していた工場の機械が根をあげたのでしょう。

タイミングよく知らせてくれて・・・・・良かった。

早速、機械の配電板チェックと機械の一部を交換修理しながら

安全に稼働出来るようになって本当に本当に良かった。

 

先代から引き継いだ商い、還暦を過ぎた主人と一緒で機械も

そこそこ、年数は経っている・・・・・。

機械も人間も一緒です。

お互いメンテナンスを怠らないよう、大事に使っていきたいですね。

夫婦間もそう、結婚生活35年もたてば、大きな喧嘩も少なくなりましたが

(喧嘩するエネルギーがなくなったのかも)

 

夫婦間はもちろんのこと、周りの係わる人たちとも

摩擦や火花を散らすような強い思いだけはしないよう

心を潤わせたい・・・・・・。

 

工場の漏電から、亡き母のことばを想い出し

人間関係でチョッピリ悩んでいた私に、

クリアできるヒントを気づかせてもらったような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寺内町燈路

富田林駅南地区まちづくり 多くの方に町並みを楽しんで頂く夏のイベント

寺内町四季物語 「夏」 寺内町燈路が行われます。

日 時   8月21日 (日) 午後1:00 ~ 9:00まで

                 雨天順延

場 所   富田林駅南出口 から

                     または、富田林西口からの商店会

       寺内町にかけてのエリア 

       興正寺の鐘の音が鳴ると 燈路 点灯(午後6時30分)9時まで

 

 和紙を通した蝋燭の灯が幻想的です。 

 中林のガレージでは 「富田林今昔スライド上映会」 弁士付きで行います。  

レトロな雰囲気が好評なんですよ。                                          

他にも色々なイベントも予定しています。            

夜の寺内町をお楽しみくださいませ。

 8月のじないまち散歩 中林はお休みします。

 

 

パシーマファンの方へ

心苦しい、お知らせです.

昨年来、綿花高騰を受け、メーカーの龍宮さんもできる限り

消費者の皆様のためにコストを抑える努力をして頂いておりましたが

9月より、一部の商品に関して価格を引き上げざるを得なくなりました

ご入用の方は8月末日までは、現行価格で販売させて頂きますので

お早めにお申しつけ下さいませ。

 

パシーマ商品をご愛用頂いている方で

背中やお尻のあたる部分が傷んできている方

洗い替えに、もう1枚ほしいなぁ~ と考えておられる方

お世話になった方へのプレゼントを考えられている方 等

あるいは、

ふとん屋のおばちゃんにしつこく

 「一度、騙されたと思って使って!」 と言われている方 などなど

 

是非、値上がる前に、ご購入をお考え下さいませ。

 

 

カバーはこまめに洗いましょう

働いている主婦は連休の晴天の日は

日頃、忙しくて集中できない家事労働に力を入れる。

特に、押し入れの整理や洗濯 冬のふとんの整理など・・・・。

 

ふとんを干していたら、中がだんごのようになっている箇所があるので

カバーをはずそうとしたら羽根がいっぱい出ており、開けるに開けれない状態だと

SOSの電話が掛りました。

 

最近のカバーはスッポリとかぶせてしまう柄のカバーが定着していますので

取り外しが面倒、特にダブルサイズやクィーンサイズのカバーの取り外しは

大きくて大変です。 つい、面倒になってしまっていたんですね。  

その気持ちわかります。

 

羽毛ふとんの生地が破れて羽が少しずつ出てきているのも気付かず、

カバーを洗っていないから気付けなかったのでしょうけれど、気付いた時は手遅れ状態。

何でも、はやめが肝心。

早めに気付けば、羽毛布団仕立て直しが出来ますが

団子のような感触は、きっと数か所から吹きでていたのでしょう。

羽毛ふとんはもめんわたと違って針の穴ぐらいの傷があっても

吹き出てくるんですよ。

ご使用になって3~5年以上経過しているのであれば

マメにカバー交換しながらチェックしてみてくださいね。

(お部屋が雪のようになりますから・・・・ね)

 

ちなみに、このお客様、秋にご購入を考えられるようですが・・・・。

 

 

 

7月23日 臨時休業します

振替休業のお知らせ

7月23日土曜日 研修会のため 臨時休業致します。

私は京都で行われる睡眠改善インストラクター更新のための勉強会に参加。

旦那さんは研修と名のつくリラックス旅行に・・・・。

 

7月19日(火曜日)は通常定休日ですが 振替営業致します。

ものが生かされる・・・

先代から商いしていると、今では時代とともに売りたくない在庫商品があります。

引き継いで今年で20年

棚卸のたびに倉庫にある先代が仕入れた商品の処分を考えながらも

置き場所があるからと放置して20年

その商品は座布団の中身の厚いウレタン(スポンジ)です。

蒸れ感のあるウレタンを使用しての商品づくりはしたくない という私らの考え。

だから不良在庫品なんですが・・・・

処分するのも心苦しく・・・・。

 

問い合わせがありました。

ウレタンの座布団を探していた団体と巡りあうことができました。

快く使ってもらえるなんて・・・ 良かったね・・・・  と 声を掛けちゃいました。

 

手を加えられ、喜んで頂けるものに変わっていく・・・・。

不良在庫商品がちがう人の手によって生かされていく・・・・。

 

とっても嬉しい気分になりました。

 

 

 

昔ながらの知恵

節電の夏を乗り切るために、昔ながらの知恵が見直されている。

おばあちゃんの知恵は身の回りの物を上手に使う。大事に使うこと。

経済の発展とともにまだ使えるものを捨てて新しいものに切り替えてきた昨今・・・。

 

今回の東日本大震災は私達に色々なことを真剣に考えることを教えてくれています。

電力節減の夏。

節電をする意識が節約になり、物を大事にする。

 「もったいない精神」が意識されたのか

梅雨明けと同時に、今ある、昔ながらのおふとん 

何とか使えるアドバイス してくれへん?という

打ち直し仕立て直しのお問合わせやご注文頂いています。

工場 フル稼働です。うれしい悲鳴です。

 

土用の丑 を間近にひかえ リフレッシュを兼ねて釣りに出かけた旦那様。

今回も国産うなぎ 期待したいものです。

土用の日(7月21日)にウナギを食べる習慣も

病気に対する抵抗力を高めてくれる。

昔ながらの夏バテ防止の知恵ですね。

改めて おばあちゃんの知恵袋 生活のコツ 

学んで取り入れていきたいものですね。

 

この夏、工夫しながら、楽しめば夏バテしない体力が備わっているかも・・・。

 

 

 

綿入れ職人冥利に尽きる

うちの旦那様、妻の私が褒めるのもなんですが・・・ とっても器用なんです。

まさしく昔ながらの職人さんなんです。

たとえば、ふとんづくりにしても、手づくりならではの技術面を生かしながら

お客様の要望に答えながら、新たな提案もしながら ものづくりをしています

しかし、綿を生地で覆うと なかなかその良さには気付けない。

 

今日、新規のお客様の打ち直し仕立て替えのふとんを納品した時のこと。

仕上がりを楽しみにされていたのか、その場ですぐお部屋に広げて下さり

感激の声をあげてくれはったんやでー   と 嬉しそうに 言う。

選ばれた生地が仕上がり具合を引き立てたのもありますが

肌ふとんのデザインのアレンジは新作だけにお客様の反応が良かったことも

旦那の喜びに変わったのでしょう。

寝心地感はもちろんのこと扱いやすいとご満足頂けたらこの上ない喜びです。

 

お客様の喜びの声が何よりの大きな力、励みになりますねぇ~

 

当店が作る シングルサイズ(150×210cm) もめんわた1,0㎏ 肌ふとん 好評です。

亡父の友人に感謝。

信号待ちをしながらこちらの店を見つめてくれるご老人がいました。

道路を渡ってウインドーの眺め、店頭に飾っている写真をずーっとみている。

どこかでみたことのあるような人・・・と思いながら 眼が逢うと ニコッとして下さる。

まさかと思いましたが、亡父と親しかった父のお友達でした。

 

私が中林へ嫁ぐときに嫁入りの荷物を運んで下さった運送屋のおっちゃんでした。

私に逢いに・・・・ と 古い町並みを見に来たんだ と おっしゃいました。

 

嫁いで32年、父が亡くなって10年 運送屋のおっちゃんは亡父と同い年だから88歳

少し、耳は遠くなっておられていますが、大阪、旭区から電車を乗り継いで一人で来られる元気さは

運送業を長男に任せているけれど、事務的なことは手伝うという現役がパワーの源なのか・・・

今まで、さほどお話もしたことなかったのですが、亡き父を語り昔話に花を咲かせる会話に

老春謳歌 実践中のおっちゃんに人生の先輩として見習うべき姿 見せてもらえました。

 

バックすることなく婚礼荷飾り荷物を運んで下さった和田運送のおかげで

32年間、ちょっぴり横道にそれかかりそうになりましたが、

常に気持ち前向きで、今では、腰 ドンと落ち着きました。

メールでのお問合せ

〒584-0033
大阪府富田林市富田林町7-20

中林寝装店アクセスマップ

おふとん豆知識

おふとんブログ

じない町ブログ

大阪府富田林市のふとん屋さん|中林寝装店

〒584-0033 大阪府富田林市富田林町7-20

TEL:0721-24-2224 FAX:0721-24-2223